お金の塾講師

信じられる、お金についてをあなたに分かりやすくお伝えします。

サラリーマンの出世の為に必要なビジネスマインド

f:id:himamori:20190726093454j:plain


お金の塾講師himamoriです。

 

今日の前フリ

さてさて、明後日と月末が本来の予定では、お休み予定ですが、
人手が足りなさ過ぎて休日出勤にかえられそうな雰囲気です。
出来れば回避でお休みにしたい所ですが、・・・どうなる事やら。
周りが残業代稼ぎたい族ばかりで困ったものです。

 

あっ! 今日は、サラリーマンの為のお話だから
前フリとの関連性も少しはありましたね。(笑)

 

今回は、サラリーマンの出世の為に必要なビジネスマインド です。

 

私自身が部長クラスとか役員までなったわけではありませんが、
アルバイト、パート、正社員として働いてきた会社の大半で
部長、役員クラスの方から直接お話を伺えた経験を元に書いていきます。

 

サラリーマンの昇進に必要な条件とは

それは、あなたが会社にとって利益を生み出してくれる存在であるかどうか?です。

会社の利益についてを意識した事がない人は、まともな会社で
事業部長役員クラスになる事は、まず無理と考えて頂いていいです。

 

まぁ、課長くらいまでであれば、そんな事を考えなくても、
個人の営業実績か上の人間に取り入るコミュニケーション能力
があれば昇進も一応、可能です。

 

しかし、あなたが、その先の部長クラスを目指すのであれば、
上記の結果や実績やコミュニケーション能力だけでは、
まず無理です。もしも仮に昇進出来たとしても、すぐに降格させられるはずです。

 

それは、なぜなのか?

これは、経営者目線で考えると簡単に答えが出てきます。

あなたにとって、会社ってどんな存在ですか?

 

殆どの人は、いつも通り出勤して、いつも通りに業務を
こなしてさえいれば、毎月の決まった日付に、お給料が振り込まれる。
そんな意識で仕事をされてる方が大半なのが、現実です。

業務が忙しいと言ったって、たったそれだけのことなんです。お気楽なモノですよ。

 

そんな意識の人に会社の利益を
大きく左右する役職を任せたら会社に大打撃ですからね。

 

私も前フリで休日出勤の愚痴をこぼしたりしていますが、
経営者目線で言わせてしまえば、私の悩みなんて
ショボ過ぎてお話にすらなりませんから。

 

経営者の危機感の感じ方

経営者には、毎月の約束されたお給料なんてものは、ありませんからね。

会社が従業員が利益を上げなければ、
経営者の手元に残るお金なんてものは、存在すらしないのです。

 

利益は、全てを支払った後にしか残らないもの

会社の売上が上がったら、真っ先に会社の存続に
必要な諸経費の支払い、私やあなたたち会社員に
約束しているお給料の支払いをした上で
残ったのが利益になるって考えたら どうですか?

 

会社の売上、利益がドンドン下がっているなんてなったら
経営者の危機感は、私たちサラリーマンがブラック企業に感じる
危機感如きとは比べることもおこがましい差があるのです。

 

なんせ我々は、自身だけがスパッとやめて次に行けば済む話ですからね。

 

経営者は、スパッとやめるなんて出来ませんよ。
自分だけでなく、雇っている従業員全員にも影響を与えてしまいますからね。
(経営者自身の人生の先がなくなる程度で済めば軽いくらいです。)

 

経営者目線が出世への最短ルート

ここまでのお話を振り返ってもらうと、あなたの腑にも落ちやすいかと思います。

 

あなたの会社に利益を意識して仕事をしている従業員がどれだけいるのか?です。
まず間違いなく、平社員の群れの中には、殆どいませんから。
だからこそ、万年平社員なんてのもいるくらいですから。

 

利益への意識があれば勝手に目立つもの

この理由は、簡単ですよね。
だって利益意識のないポンコツ集団の中で、しっかりと利益を意識
している方というのは、目立とうとしなくても上の人間の目にとまるものです
(会社が存続していくために必要な人財ですから当然です。)

 

反対に、もしもそういった意識を持って日々の仕事を行なっているのに、
1年以上も評価されないような会社であれば、上の人間の見る目に
問題があると考えて、さっさと転職するべきです

正しい意識で仕事を出来る方なら、まともな会社にいけば、
すぐに役職や年収アップにボーナスも手に入れられますから。

 

利益への意識が上位一桁台への道

これは、どこの会社にいっても同じでした。部長クラスや、
自他共に認める有望株な一部の社員しか利益への意識を持っていなかったのです。

 

だからこそ、この意識を持って仕事をするということは、
部長や役員クラスの出世ルートへの入場券になるわけです。

 

ここに入ることが出来さえすれば、
あなたが将来の幹部になる道は、50%位まで来てますから。

なんせ既に上位10%以内に入っているのですから。

 

日本のサラリーマンの中で年収1000万円
大台に乗っている方が男女合わせて4.5%程です。

となれば、上位に入ったら、その枠の中の半分の人間よりも
高い利益につながる仕事をすれば、出世してしまうわけです。

 

利益への意識を持った後の実践的内容については、次回に繋げます。

 

まとめ

  1. サラリーマンと経営者の危機感の度合いは、まったく違うもの。
  2. 経営者と同じ意識を持つことが、出世ルートへの入場券になる。
  3. 経営者と同じ意識とは、利益を上げる事への意識である。

 

今回は、以上です。

 

次回は、サラリーマンの出世の為に必要な行動 です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
私の学んできたことが少しでも、
あなたの役に立つことが出来れば幸いです。

 

この記事が、あなたのお役に立つ事が
出来ていましたら、この記事の下にある、
お金(投資)を
クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

それではまた明日。