お金の塾講師

信じられる、お金についてをあなたに分かりやすくお伝えします。

生命保険 まだ無駄な保険料を払ってるの⁉︎両親と同居編

f:id:himamori:20190811235637j:plain


お金の塾講師himamoriです。

 

本日の前振り

少し前に前振りで話した妻の転職活動(パート)についてですが、
面接だけでなく、簡単な計算のテストもあったらしいです。

 

内容が3桁の数字にいくつ足せば1000になるのか?を、
ひたすら記入していくって内容だったそうです。


試験を受けた職場の仕事内容が色々な会社の売上の入金や
釣銭の準備といった業務ですから、簡単な暗算が普通に
出来るかを確かめる目的だったのだと思われます。

 

残念な事に妻は暗算が大の苦手でして、計算をする時は
基本的に筆算か指を使って考えるタイプでしたので、
回答数は少なくて間違いも多かったと思う。とのことでした。

・・・これは不採用ですかね。

 

まぁ、結果につきましては後日、この場でも
報告しようかと思います。(採用になるといいなと思います。)

 

それでは、本題に入りましょうか。

 

今回は、生命保険 まだ無駄な保険料を

払ってるの⁉︎両親と同居編 です。

 

先日の記事で生命保険を見直すタイミングとなる、
人生のイベントをざっくりとお伝えしました。
「見てないよ。」って方は、こちらからどうぞ。

www.himamori.com

 

今回の記事でお伝えする、両親と同居時
につきましては、前回お伝えの人生のイベントと違い、

  • 同居している方
  • 同居予定の方
  • 上記2点のどちらかに当てはまり、
    かつご両親が比較的に元気な方の場合です。

介護が必要、高齢で自分の身の回りで手一杯という方
場合は、当てはまらない内容になってしまいますので、
そういった方は別の記事へ飛んで頂いたほうがいいかもです。

 

元気な両親と同居の場合、必要な保障が少なく出来る

元気な両親と同居となると、
生命保険の保障額を減らせる場合があります。

 

例えば、あなたが両親と同居の話を
するよりも前に契約した生命保険の場合。

 

人にもよりますが、その時に残された家族の生活の
想定って、子どもの面倒をみながら働くって想定を
される場合が多いです。(専業主婦や専業主夫の方で、
パートナーの死亡時にも絶対に働かないって決めてる方は除く。)

 

この場合の想定だと、特に子どもが小さいうちは
思うように稼ぐ事が難しいという事は皆さん想像されます。

 

こんな時に両親と同居していて、
孫の面倒を見てもらえるとしたらどうでしょう?

 

残された方は、家族の為に仕事で
お金を稼ぐ事に集中する事が出来ますよね。

 

あなたの万が一の時に、残された家族が稼ぐ事が出来る
であろう収入が大きくなればなるほど死亡保障という形で
残してあげなければいけないお金は小さくなるのです。

 

結果

元気な両親と同居した場合は、
残されたパートナーの収入が安定しやすい。

 

よって生命保険の死亡保障が少なく出来る。
=毎月の保険料が少なく出来る事になります。

 

注意

あくまでも今回のお話しで取り上げたのは、
両親と同居した場合の金銭的なメリットのみです。

 

両親との同居が精神的にストレスを抱える事に
なるなどといった場合の負担は考慮していません。

 

しかし、パートナーの死亡時といった大きな
イレギュラーが起きてしまった時には、残された方が
全ての負担を抱えるのではなく、両親といった頼れる
アテがあるのであれば頼ってみるのも選択肢の
1つに入れておけるといいかもしれませんね。

 

短めですが、今回は以上です。

 

次回は、

まだ無駄な保険料を払ってるの⁉︎自動車保険編

です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
私の学んできたことが少しでも、
あなたの役に立つことが出来れば幸いです。

 

この記事が、あなたのお役に立つ事が
出来ていましたら、この記事の下にある、
お金(投資)を
クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

それではまた明日。