お金の塾講師

信じられる、お金についてをあなたに分かりやすくお伝えします。

誰でも出来る!クレジットカードの 使い過ぎ防止&使った分の家計への還元

f:id:himamori:20190809144618j:plain


お金の塾講師himamoriです。

 

今日の前振り

 

現在、妻がパート先の転職活動に力を入れております。

 

なんだか、パート先に新しく入ってきた人が
悪口製造マシーンのような可哀想な人らしいのです。
(himamoriの学生時代の同級生みたいですけどね(笑))

 

どこにでも1人は居たりしますよね。
口を開けば誰かの悪口しか出てこない人。

 

基本的にこういう人への認識の仕方って、
自分を心の底から信じられるバックボーンがなにもないから、
周りの全てを悪口で落としておかないと安心する事が出来ない
可哀想で惨めな人だな。って捉え方をしておけば良いんですよ。
(というより、そんな悪口製造マシーンのせい
ごときで思い悩んだりする時間がもったいないのです。)

 

まぁ、himamoriの妻は、その考えを理解はしたけど、
どうしても気が重くなるとの事だったので、
転職活動を開始するに至ったわけですが。

 

そろそろ本題に入っていきましょう。

 

今回は、誰でも出来る!クレジットカードの
使い過ぎ防止&使った分の家計への還元 でしたね。

 

ドシンプルな使い過ぎ防止方法

これは、超簡単ですよ。クレジットカードで買い物をしたのなら、
使う度に使用した金額を引き落とし口座に入金すればいいだけです。

 

だってクレジットカードを使い過ぎてしまう原因って、
お金を払った感覚が薄くて、使ってからお金が
引き落とされるまでの間にタイムラグがあるから、
途中の時点で使用した金額がわからなくなってきて、
気付いたら凄くたくさん使っていた!ってなるからですよね。

 

クレジットカードを作った理由を思い出せ

あなたがクレジットカードを作った理由を思い出して欲しいのです。

 

もしもこの理由が、買い物したいときにお金がなくても買う事が
出来るから。とか、リボ払いみたいに分割で買い物が出来るから。
みたいな考え方の方は、作った理由を思い出さなくて結構です。
(ていうか、思い出さないでください。)

 

そんな理由なのに思い出してしまったら、このブログが、
クレジットカードの使い過ぎ防止でなくクレジットカードの
使い過ぎ促進ブログになってしまいますから(笑)。

 

本来、あなたがクレジットカードを作成した理由に忠実になれ

あなたがクレジットカードを作ったのは恐らく、お買い物の
支払いをクレジットカードを使って支払うと、カード会社毎の
独自ポイントが貯まる。とか、何かしらの独自サービス
(無料の保険サービスや提携銀行の預金金利が上がるとか)を受けられるからですよね。

 

現金払いの時に受けることが出来なかった、そういった
恩恵を得られるようになった時点で目的を達成しているはずなのです。

 

それならば、クレジットカードで買い物をしたら、
引き落とし前にまとめて口座に入金する。ではなく、
使ったらすぐに財布から口座に入金する癖を付けましょう。


入金すると手数料がかかってしまうとかになるのであれば、
翌日とか翌週になるくらいであれば構いませんからね。


こうしておけば現金払いの時の金づかいの感覚で
ポイントなどの恩恵を得る事が出来ますから。

 

家計を助ける貯めたポイントの使い方

あなたは、クレジットカード払いで
貯まったポイントをどのように使っていますか?

 

先に言っておきますが、
ポイントの使い道に正解も不正解もありませんよ。

 

ただし、貯まったポイントで家計の支出を浮かせる事も出来ます。

 

あなたが、そういった節約面の目的
クレジットカードを作ったのであれば、一度
使い方を見直してみる機会にして頂くといいかもしれません。

 

もしも、あなたが貯まったポイントで普段は買わないような
物を買ったりしているなら家計の助けにはなっていません。

 

「家計のお金から買ってないから、その分が浮いてるよ!」
なんていう人もいたりしますが、こういった人は
考えが家計を助けるからズレてますから。

 

あなたがポイントで購入した物って本当に必要だったんでしょうか?

仮に本当に必要だったというのであれば、
お金を払ってすぐに手に入れていたはずなんですよ。 

 

欲しいな と思ってはいても、必要な物ではなかった という事です。

 

うまくポイントを家計に活用したいのであれば、貯まった
ポイントで普段から購入している消耗品なんかを手に入れるべきなのです。

 

そうすれば、ポイントで手に入れた消耗品
の分だけ家計からの支出を減らせますからね。

 

消耗品であればストックしておいてもいいですしね。

 

目に見える形で還元してしまうのもアリ

これは、カード会社によるところもありますが、
貯まったポイントで買えるものの中には、商品券もあったりします。

 

お店で1ポイント1円ととして使える場合とかに
比べて割高な使い方にはなってしまいますが、
商品券に替えてしまえば、金券ショップとかで
1000円分なら970円くらいの現金に換金することだって出来ますよね。

 

ポイントをそのまま使うよりは、損してしまっていますが、
ポイントのままだと使い方を意識出来ない人には、おススメです。

 

現金であれば、
下手な使い方をしても財布からお金が減った感覚がありますからね。

まとめ

  • カードを使ったら使った分をすぐに口座に入金すべし。
  • カードを作った理由に立ち返るべし
  • 家計の為に作ったカードならば、ポイントも家計の為に使うべし。
  • ポイントのままだとお金として意識出来ない人は、
    少し損したとしても現金に還元してから使うべし

 

今回は、以上です。

 

次回は、家計や投資にビジネススキルまで全ての
学びの土台となる、読書こそがコスパ最強の自己投資です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
私の学んできたことが少しでも、
あなたの役に立つことが出来れば幸いです。

 

この記事が、あなたのお役に立つ事が
出来ていましたら、この記事の下にある、
お金(投資)を
クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

それではまた明日。