お金の塾講師

信じられる、お金についてをあなたに分かりやすくお伝えします。

初めて保険について考える人のために説明する、妻の保険の必要性について

f:id:himamori:20190716000900j:plain


お金の塾講師himamoriです。

今回は、初めて保険について考える人の
ために説明する、妻の保険の必要性について です。

 

himamoriの妻は、私と同じような保険に加入しています。
家族の保険内容は、こちらをどうぞ

www.himamori.com

 

複数取り扱いの保険代理店時代

当時は、色々な方の加入中の保険について、ご相談を受けてきました。

 

そうして多くのご家庭の保険を見させていただいたところ、
全体的に奥様の保険が手薄な方が、かなり多かったです。
(中には、奥さんは無保険なんて事も)

 

なぜ、そのような事になってしまっているのかを伺うと、
これまた皆さん、同じような返事をしていました。

 

旦那さん

「生活費を稼いでいるのが私で、妻は専業主婦なので
(パートで扶養範囲など)私の分がしっかりしていればいいと思って。」

もしくは、保険のセールスマンさんから加入
したからだと、上記のように言われたから。

・・・こんな感じの返事でした。

 

奥さんの保険も重要です!

見出しにも書いていますが、大事な事なので、
もう一度言っておきます。奥さんの保険も重要ですよ!

 

なぜ妻の保険も重要なのか?

旦那さんご自身が家計の殆どを稼いでいる方
だとしても考えて頂きたいと思います。
特にお子さんがいる方は、超重要です!

 

現在は、奥様の支えもあり、お仕事に集中出来ていると思います。

それではお尋ねします

あなたの奥様が入院したら、同じように仕事が出来るでしょうか?

 

仕事が終わった後に家事を全部やればいいんでしょ?
と安易に考えた方は、ハッキリ言って考えが甘いです。
そりゃもう、MAX coffeeよりも甘いです。

 

お子さんのいない夫婦だとしても、ご自身、もしくは、
奥様のご両親が面倒を見てくれるって言うなら、まだいいでしょう。

 

まぁ、それもご両親の都合や年齢的に
出来るかわからないってこともありますがね。

 

お金の面でも

毎月の生活費の中に、治療費の分の余力
ないのであれば、治療費のためにも必要ですよね。
(まさかお金がないから病院に行くな。とは言えませんよね。)

 

将来のための貯金があるならば、それが
病気のせいで無くなってしまうなんて嫌ですよね。

 

奥さんの病気や怪我の時の損失

見出しの場合の家庭の経済的損失がどれだけあるのか?です。

 

もしも、あなたに頼れる当てがない面倒を見ないといけない
子どもがいる。あなたが家事を出来ない奥さんもお世話が
必要なレベル。なんてなってしまった時に
(全部でなくとも一部該当でも大変です。)

 

そんな時に、今のお仕事をそのまま続けられる職場環境でしょうか?

 

仮に理解ある職場環境だったとして、残業休日出勤は、なしに。
その上、早く上がらせてもらえるように配慮して
もらえる職場であるならば、環境に凄く恵まれていると思います。

 

ただし、収入という意味では、間違いなく減ってしまうでしょう。

妻の入院費。子どもが小さければベビーシッター代。あなたの
自炊のレベルによっては、外食なんかも増えてしまって食費のアップ

お給料が減るのに、出ていくお金が増えてしまう可能性が大ですよね。

 

そうなってから困ってしまうなら、せめて、
病院代位は保険で備えておくと安心ですよね。

 

ガン保険は?

まぁ、説明するまでもないと思います。治療費は、
旦那さんだろうと奥さんだろうと変わらずにお金がかかります

 

困る場合についても、ここまでにお話を
してきた内容で十分に伝わっていると思います。

 

収入保障保険は?

これまた、説明の内容は、これまでの下りで伝わってしまいますよね。

 

複数取り扱いの保険代理店時代も、お客様に奥様の保険の
重要性について、お話をするときは、同じような流れで
お伝えしていくのですが、ここまで来た時には、お客様
(旦那さん)の方から、「妻の死亡時の保障も
ないとやっていけない!」ってなるくらいですから。

 

特に小さいお子さんがいて頼る当てがない
って方は、必要性が物凄く高いですからね。

奥様がいなくなったら、子どもの面倒を見ながら
今と同じ収入を得るなんてのは、まず間違いなく無理ですからね。

 

下手したら、旦那さんが亡くなったときに奥様が
働けると想定しているのと同じくらいのレベルでしか
稼げなくなるかも位に考えて、丁度いい位ですから。

 

himamoriの妻の保険に働けなくなった時の保険が付いているのは、
妻がストレートに仕事ができない分の補填ではありません

働けないほどの状態であれば、何かしらは、妻が生活していく
ためのお世話が発生するであろう事態に備えて準備しているのです。

 

まとめ

  1. 全体的に奥さんの保険が旦那さんの保険に比べると、手薄な事が多い
  2. 現在の旦那さんの収入は、奥さんが居てくれるからこそのものである。
    (小さい子どもがいる家庭は、特に。)
  3. 奥さんが倒れた時は、治療費を抜きにしても、
    出ていくお金が増えて、あなたの収入が減るケースが殆ど。
  4. 病気やケガの治療は、夫婦問わず、お金がかかってしまうものである。

このブログを見てくれている。そんなあなたには、
上記のような事になって頂きたくない。とhimamoriは思います。

 

だから、この記事を見た方は、現在の奥様の保険が
しっかりしているのかを、今一度、確認してもらえたらと思います。

 

今日のところは、これまでです。

 

次回は、初めての方のための子どもの保険の必要性について です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
私の学んできたことが少しでも、
あなたの役に立つことが出来れば幸いです。

 

この記事が、あなたのお役に立つ事が
出来ていましたら、この記事の下にある、
お金(投資)を
クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

それではまた明日。